2007年06月01日

No.43 「足の裏の痛み」(足底筋膜炎)

Q:「ウォーキングに入れ込むようになってから土踏まずの内側が痛むようになった。朝起きて歩き始めるときや、長距離を歩いていると痛む。整形外科では足底(そくてい)筋膜炎と言われた。どうセルフケアを行なえば良いか?」

A:熱心に歩かれるウォーカーの方々なら、誰でも足のどこかに痛みを経験したことがあるかと思います。

●ウォーキングによる足の裏の痛み
今回のご質問は足底筋膜炎についてですが、まずは足の裏の土踏まず付近に生じる痛みについてご説明します。
この部分に生じる障害は、主に以下のものが挙げられます。

 @足底筋膜炎
 A踵骨棘
  (しょうこつきょく:かかとの真下が着地したときに痛む)
 B後脛骨筋腱炎
 (こうけいこつきんけんえん:
   土踏まずの内側から内くるぶしの後ろ側にかけて痛む)
 C腓骨筋腱炎
 (ひこつきんけんえん:
   土踏まずの外側から外くるぶしの後ろ側にかけて痛む)

それぞれ、下の図に示すような部位に痛みが生じます。
中後足部の痛み部位.jpg

特に@、A、Bは、
以下のような原因が重なって生じてきます。
 ・酷使(ウォーキングや立ち仕事などによる)
 ・過体重
 ・硬い路面の歩行、走行
 ・磨耗・劣化したシューズ、足に適合していないシューズの使用
 ・扁平足や外反拇趾
 ・足首の柔軟性の低さ

次回は、足底筋膜炎についてご紹介します。

※足の裏の痛みは上記以外の疾患でも生じることがあるため、症状が持続しているようであれば、自己判断は避け専門医を受診して下さい。

ウォーキングのための膝痛、腰痛などのセルフケア−PPKに向けて歩こう!
TOPページへ↑

スポーツのこんな症状に


posted by ヤノケン at 23:00| Q&A:「足の裏の痛み」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。