2007年06月01日

No.44 足の裏の痛み(足底筋膜炎)A

Q:「ウォーキングに入れ込むようになってから土踏まずの内側が痛むようになった。朝起きて歩き始めるときや、長距離を歩いていると痛む。整形外科では足底(そくてい)筋膜炎と言われた。どうセルフケアを行なえば良いか?」

A:前回はまず、足の裏の土踏まず付近に生じる痛みについてご説明しました。
今回は足底筋膜炎の症状と原因についてご紹介します。
扁平足と足底筋膜炎.JPG
●足底筋膜炎とは?
足底筋膜は、土踏まずを保持するのに重要な組織です。
土踏まずの前後を足底筋膜がつなぐことによって、足が接地したときの衝撃がうまく吸収されます。
この足底筋膜が強い衝撃や荷重を繰り返し受け、過度に引き伸ばされることによって足底筋膜炎が生じるのです。

●足底筋膜炎を引き起こす原因は?
前回にも触れた通り、ランニングやウォーキング、エアロビクスなど、同一の着地動作を延々と繰り返すようなスポーツは、足底筋膜に衝撃や荷重を与え続けます。
また、硬い路面での運動や、不適切なシューズは足への衝撃を高めてしまいます。
扁平足や外反母指などの足の変形は、足底筋膜をさらに引き伸ばしてしまいます。
足底筋膜炎の痛み部位.JPG
●足底筋膜炎の症状は?
足を踏み込んだときに土踏まずの内側から踵の骨の前内方にかけて痛みが生じ、特に、起床時の歩き始めのときに痛みが強く感じられます。
足の裏を指で押したり、足の指を反らせたりしても同様の部位に痛みが生じます。
.


posted by ヤノケン at 22:00| Q&A:「足の裏の痛み」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。