2007年06月01日

No.45 足の裏の痛み(足底筋膜炎)B

A:前回は足底筋膜炎の症状と原因についてご説明しました。
今回からは足底筋膜炎のセルフケアとして、まず起床時のケアをご紹介します。

●足を床につける前にセルフケアを
起床時の歩き始めに痛みを感じるのは足底筋膜炎の特徴です。
そこでまずは、足を床につける前に以下のケアを行なってみましょう。

@まずは足首を回して
まずは手でつま先をつかみ、足首をくるくると軽く回しましょう。
それからマッサージとストレッチを行ないます。
足底のマッサージ.jpg
A土踏まずを軽くマッサージ
土踏まずには、足のアーチを支える筋肉や腱などが走行しています。
土踏まずを指の付け根から踵にかけて数回軽く圧迫していきます。
次にふくらはぎを軽くつかんでもみほぐしていきます。
足底のストレッチ1.jpg
B足の裏を伸ばすストレッチ
次に、足の裏を軽くストレッチしましょう。
指先を反り返らせるように手で押さえながら、ゆっくりと膝を伸ばしていき、足裏からふくらはぎを伸ばしていきます。
1回につき30秒伸ばし、3回ほど行います。
.





posted by ヤノケン at 21:00| Q&A:「足の裏の痛み」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。