2007年05月28日

No.27 「脚のセルフマッサージを行うときの向きは?」

Q:「脚を自分でマッサージする方法が色々紹介されているが、上に向けて行なう場合もあれば、下向きの場合もある。
どちらの方からどのように行なうのが良いのか?」

1-201.jpg
A:
東洋医学のあんまや指圧法では太ももから足先に向けて、また西洋で発展したマッサージでは足先から太ももに向けて行なうとされています。

実際には、手技の方向で疲労の回復程度に差が生じることはないようです。
したがって、どちらの向きに行なっても構いません。

2-203.jpg
ただし、特にふくらはぎなどにむくみを感じていたり、静脈瘤(血管がボコボコ浮き上がっていたり、クモの巣のように見える)のある方については、足先から上に向けてすりあげるように動かした方が良いでしょう。
そのようにして足やふくらはぎ、すねにたまった血液や体液を心臓に戻すことで血液の循環を促すことをお勧めします。

さらに、マッサージの効果を高めるには、さする、たたく、もむ、おす、といった方法を時と場合によって使い分けることをお勧めします。

次回は、このことについてご紹介致します。
.

ウォーキングのための膝痛、腰痛などのセルフケア−PPKに向けて歩こう!
TOPページへ↑

スポーツのこんな症状に


posted by ヤノケン at 23:00| Q&A:「マッサージの向き?」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。