2007年05月28日

No.29 「脚のセルフマッサージの向きは?」B

Q:「脚を自分でマッサージする方法が色々紹介されているが、上に向けて行なう場合もあれば、下向きの場合もある。
どちらの方からどのように行なうのが良いのか?」

A:
前回はセルフマッサージの基本的な方法をご説明しました。
今回はウォーカーの方々にお勧めしている方法をご紹介します。

セルフマッサージは、前回ご紹介した各方法を、

@さする → Aもむ・おす → Bたたく → Cさする

という順序で行なうのが原則です。
以下に腰から足にかけての手順を記します。

@さする:
両手で脚を外側と内側から手のひら全体をあてながら、殿部から足首までなめらかに5〜10回ほどさすります。
セルフマッサージ_太もも_もむ.jpg
Aもむ:
さするときと同じように、手のひら全体で太ももやふくらはぎを外側と内側から包みこむようにつかんでもみます。
1ヶ所を3回ぐらいもんだら、少しずつもむ位置をずらしていきます。
セルフマッサージ_太もも_押す.jpg
おす:
親指や手の付け根で腕立て伏せをするような感じで、太ももやふくらはぎ、すねの筋肉をゆっくり押していきます。
1ヶ所を2〜3秒かけて押し、少しずつ押す位置をずらしていきます。

Bたたく:
手を軽く握ったり、刀のようにして太ももや、すね、ふくらはぎを心地よい程度に軽くたたいていきます。

Cさする:
@と同様に行ないます。
前々回で述べたように、むくんでいるようであれば足の方から上に向かって行ないます。

屈伸動作にて酷使される太ももやふくらはぎの筋肉は、とくに念入りに行なうと良いでしょう。
.

ウォーキングのための膝痛、腰痛などのセルフケア−PPKに向けて歩こう!
TOPページへ↑


posted by ヤノケン at 21:00| Q&A:「マッサージの向き?」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。