2007年04月12日

No.1 痛みなく歩き続けるために

fig1.jpg私たちは、筑波大学でスポーツ医学分野の鍼灸(はり・きゅう)治療と研究を行なっています。
これからの連載では、ウォーキングによって生じる痛みを最小限に抑え、ウォーキングを生涯楽しんでもらえるような工夫を一緒に考えていきたいと思います。

ウォーキングが健康の維持向上に役立つことは、皆さんは身をもって経験されていることと思います。
しかし、ウォーキングや登山によって、筋肉痛の他にも膝や腰に痛みが生じていることがわかってきました。

私共の診療施設にも、ウォーキングや登山で膝や腰などを痛めた患者さんが時々来られます。
特に、膝や腰の痛みは、自由に歩く能力に大きな影響を与えます。

それは、健康状態を低下させ、生活習慣病を発病・増悪させる原因にもなります。
健康を増進するはずのウォーキングが、逆の結果につながることのないようにしてゆきたいと思います。
.

ウォーキングのための膝痛、腰痛などのセルフケア−PPKに向けて歩こう!
TOPページへ↑

スポーツのこんな症状に


posted by ヤノケン at 23:00| ウォーキングと痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.2 ウォーキングによる身体の痛み

前回は、ウォーキングによって膝や腰に痛みを経験された方が多いことをお伝えしました。

図1は、ウォーキングによって生じた痛みの程度を示したものです。
中ぐらい、もしくは少し、なしと答えた方には太ももなどの筋肉痛が多かったのに対し、激しい、もしくは耐えられないと答えた方は、膝41%、腰13%を占めました。

fig2-1.jpg.JPG

図2は、痛みが持続した期間を示しています。
持続1週間以下の方には太ももなどの筋肉痛が多かったのに対し、1週間を超えていた方は、膝49%、腰11%と同様の傾向がみられました。

fig2-2.jpg.JPG

このことより、膝や腰などの関節部の痛みはウォーキング等に悪影響を及ぼすため、何らかの対応が必要と考えられます。
.

ウォーキングのための膝痛、腰痛などのセルフケア−PPKに向けて歩こう!
TOPページへ↑

スポーツのこんな症状に
posted by ヤノケン at 22:01| ウォーキングと痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.3 痛みへの対処の現状

前回は、膝や腰などの関節部の痛みへの対処の必要性を述べました。
今回は、痛みに対してどのような対処がなされていたかをお伝えします。

まず、セルフケアについてはストレッチ、セルフマッサージ、温熱は普及しているようですが、
関節の痛みに重要なアイシング(氷で冷やす)や、痛みが慢性化することによって落ちた身体能力を維持・回復させるための運動療法は少数しか行なわれていませんでした。

fig3-1_selfcare.jpg

次に、医療機関等の受診については、多くの方は受診していません。この中には強い症状がみられる方もふくまれています。
また、受診した方の多くは膝痛によるものでした。

fig3-2_jushinjokyo.jpg

つまり、痛みを生じた直後やその後において、必ずしも理想的なケアが行なわれてはいないように思われます。
.

ウォーキングのための膝痛、腰痛などのセルフケア−PPKに向けて歩こう!
TOPページへ↑

スポーツのこんな症状に
posted by ヤノケン at 21:00| ウォーキングと痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.4 中高年ウォーカーの関節部痛

前回は、ウォーキングによる痛みに対してどのような対処がなされていたかをお伝えしました。
今回は、最も痛む頻度の高い膝関節について、どのようなことが起こっているのかを説明します。

一般に普通の人では、40歳頃より膝の関節面に「すりへり」が生じてきます。
すりへりの度合いは生活状況により異なりますが、痛みの有無に関わらず誰にでも生じてくる変化です。
以下の表に自動車のタイヤに例えてみました。

fig4-1_suriheri-inshi.jpg

fig4-2_tire-new.jpg

fig4-3_tire-old.jpg

ウォーキングによる膝関節の痛みの多くは、加齢による関節のすりへりや筋力の低下に加えて、使い過ぎや不良動作の継続などにより起こるものと思われます。

すり減ったタイヤであっても、手入れや運転に気を払えばそこそこ走れるものではないでしょうか。
痛みの誘因を取り払えば、「すりへり」などによる痛みを最小限に、末永く歩けるのではないでしょうか。

そのための方法を今後アドバイスしてゆきたいと思います。
.

ウォーキングのための膝痛、腰痛などのセルフケア−PPKに向けて歩こう!
TOPページへ↑

スポーツのこんな症状に
posted by ヤノケン at 20:00| ウォーキングと痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。