2007年06月02日

No.49 「ふくらはぎがむくむ」

Q:「長い距離を歩いた後や長時間立ちっぱなしになった後に、ふくらはぎがパンパンにむくんで来て靴下のゴムの後がくっきり残る。血管も浮き出てくる。どのように対処すれば良いか?」

A:ふくらはぎなどの脚のむくみは、さまざまな原因がもとで生じますので、むくみの原因をご説明します。

●脚のむくみとはどのような状態なのか?
まず、血液の流れを考えてみましょう。
心臓から足先に向かって流れる動脈血は、心臓のポンプのような働きで勢いよく流れていきます。
しかし、足先から心臓に戻る静脈血は、重力の関係などもあり戻りが悪くなる傾向にあります。
そのため、長時間立っていると静脈血やリンパ液の量がたまってしまいます。これがむくみを生じた状態です。

●脚のむくみの主な原因とは?
・姿勢や重力の影響
長時間立ちっぱなし、座りっぱなし、正座など、同じ姿勢をずっと続けていると重力の影響で血液やリンパ液が脚にたまりやすくなります。

・静脈瘤(静脈血管の疾患)
静脈には逆流防止のための弁が多数ついています。
その弁が血液の重さに耐え切れずに壊れてしまった状態が静脈瘤です。
前述のような長時間の立位、座位の姿勢を強要される職業の方々や、出産経験の多い女性などによくみられます。

●内臓疾患がむくみの原因となることも
腎臓や心臓、肝臓などの病気やリンパ浮腫などの重篤な疾患の症状としてでることがありますので、医師から上記の内臓疾患をご指摘されている方だけでなく注意が必要です。

※症状が持続しているようであれば、自己判断は避け専門医を受診して下さい。

ウォーキングのための膝痛、腰痛などのセルフケア−PPKに向けて歩こう!
TOPページへ↑

スポーツのこんな症状に


posted by ヤノケン at 23:00| Q&A:「ふくらはぎがむくむ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.50 「ふくらはぎがむくむ」A

Q:「長い距離を歩いた後や長時間立ちっぱなしになった後に、ふくらはぎがパンパンにむくんで来て靴下のゴムの後がくっきり残る。血管も浮き出てくる。どのように対処すれば良いか?」

A:前回は、脚のむくみの原因を大別すると、@姿勢や重力の影響、A静脈瘤、B内臓の疾患などがあることをご紹介しました。
今回のシリーズでは重度の静脈瘤や内臓疾患に由来しない場合にしぼって、セルフケア方法をご紹介したいと思います。

※症状が持続しているようであれば、自己判断は避け専門医を受診して下さい。

●休憩時、ゴール後にセルフマッサージを
長時間のウォーキングや立ち仕事の際には、こまめに休憩をとり、ふくらはぎのセルフマッサージを行ないましょう。
マッサージは、足首から膝に向かって、ふくらはぎに手のひらを密着させて手をすべらせるようにさすり、心臓に向かって血液やリンパ液を戻すように行ないます。
ゴール後や仕事の終了後も同様に行ないましょう。
下腿むくみへのマッサージ.jpg

●心臓より高い位置に脚を挙げて休む
ウォーキングやお仕事の後で自宅に戻ったら、心臓より高い位置に脚を挙げて休み、血液やリンパ液が心臓に戻るのを促しましょう。
床に寝た状態でふくらはぎをソファーの上に挙げたりすると楽に行なえます。
下腿むくみへの下腿挙上.jpg

次回も引続きセルフケア方法をご紹介します。

ウォーキングのための膝痛、腰痛などのセルフケア−PPKに向けて歩こう!
TOPページへ↑
posted by ヤノケン at 22:00| Q&A:「ふくらはぎがむくむ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.51 「ふくらはぎがむくむ」B

Q:「長い距離を歩いた後や長時間立ちっぱなしになった後に、ふくらはぎが
パンパンにむくんで来て靴下のゴムの後がくっきり残る。血管も浮き出てくる。
どのように対処すれば良いか?」

A:前回に引き続き、今回も重度の静脈瘤や内臓疾患に由来しない脚のむくみにしぼって、セルフケア方法をご紹介したいと思います。
※症状が持続しているようであれば、自己判断は避け専門医を受診して
下さい。

●着圧タイプのハイソックス、ストッキングを
むくみの改善や静脈瘤の予防をうたったハイソックスやストッキングが国内外のメーカーから発売されています。
これらは、下に滞りがちな血液やリンパ液を心臓に戻すのを促すようになって
います。
そこで、以下のような日は、着圧タイプのハイソックスを履くことをお勧め
します。

・ウォーキング大会など、長距離を歩くとき
・長時間立ちっぱなしになるとき
・長時間座りっぱなしや正座になるとき
・鉄道や飛行機で長時間移動するとき
また最近は、スポーツ用の着圧ソックスやスパッツ(タイツ)が各社から
発売されています。男性向けのものもあります。

●水中ウォーキングなどもおすすめ
むくみに対する水中ウォーキングの利点は、以下の水圧が、全体的に自然な
圧迫力として加わることです。

・静水圧
 (水中で止まっている状態でも常にかかっている圧力:深くなるほど高くなる)
・動水圧
 (身体を動かすときにかかる圧力)

ウォーキング大会の翌日など、脚のむくみや疲れが目立つときは、
ウォーキングを陸の上からプールに切り替えて行なうのもよいでしょう。


ウォーキングのための膝痛、腰痛などのセルフケア−PPKに向けて歩こう!
TOPページへ↑

posted by ヤノケン at 21:00| Q&A:「ふくらはぎがむくむ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。